SGEC(Sustainable Green Ecosystem Council、和名:『緑の循環』認証会議)は、林業団体、環境NGO等により2003年6月に発足しました。SGEC認証は、モントリオールプロセスをベースとして、国際的に通用する基準と指標を取り入れながら、人工林が多い日本の森林実態に合わせた内容となっています。また森林認証の取得には、下記のようなことが期待されており、これからの日本林業にとって重要な意義を持っています。

林業風景

コンサルティングのご案内、導入事例、見積依頼は
こちらからご参照ください。

パンフレットを開く
パンフレットをPDFで開く
森林認証システム

SGEC森林認証システムとは、国際的な基準を用いて持続可能な森林経営を行っている森林を認証するシステム。森林の所有者や管理者が取得することで、日本の森林管理のレベルを向上させ、豊かな自然環境と木材生産を両立する健全な森林育成を保障するものです。

認証林産物流通システム

SGEC認証林産物流通システムとは、認証森林から産出される認証林産物の加工・流通過程を管理するシステム。SGEC認証林産物の取り扱いには事務所・事業所の認定登録が必要で、加工、流通、販売、設計・建築にいたる最終商品となる段階までの業種が対象となります。