区分:その他

間伐材目隠し吸音壁「温森(ぬくもり)」

事業実施にあたっての抱負

ここ岐阜県においても、至急の課題である間伐を促進し、森林を守るための有効活用を推進させていく必要がある。当製品がそれらの一助を担い、またここから国土の緑化と保全、更には地域経済の活性化、道路騒音や生活騒音の軽減に貢献していくことができたらと考えている。

事業の目的

近年の生活の多様化に伴い、深夜営業のコンビニエンスストアやファーストフード店は、生活する上で欠くことの出来ないものとなってきている。しかし、深夜営業が増加することにより駐車場等での夜間の騒音問題が近隣住民とのトラブルの原因となっており防音対策が急務になっている。よって、本協会としては、既成のアルミ防音壁の替わりに、日頃間伐材に接する機会の少ない都会の人に自然素材の間伐材製品の良さをアピール、温もりのある環境を提案していく。

製品の特徴

間伐材目隠し吸音壁「温森(ぬくもり)」

間伐材を有効活用した環境に優しい目隠し防音壁。ドイツの製造メーカーと技術提携した製品。吸音材を間伐材でサンドイッチ状にした構造。防音壁を設置する地元の間伐材を利用し、地産地消の環境負荷を抑えた製品。道路用のものを改良し、住宅や店舗の外壁・駐車場の目隠しと吸音を兼ね備えた、よりデザイン性に富んだ防音壁。

【ポイント】

1、木の温もりや優しさが、金属板やコンクリート板と比べ、より周辺環境に配慮した景観を創る
2、周辺環境にマッチしたデザイン加工ができるため、住宅や公衆施設の防音、外構、駐車場の夜間騒音対策等に利用できる
3、高さ寸法が自由に設定できるため、応用がきく
4、材質が木材であるため、サビの心配がない

間伐材目隠し吸音壁「温森(ぬくもり)」

間伐材目隠し吸音壁「温森(ぬくもり)」

広域連携の内容(用途開拓に至った経緯と事業の実施体制)

深夜営業を展開するコンビニエンスストアより、夜間の駐車場の騒音の苦情があるとのことで、防音壁の問い合わせをいただいた。民間利用であり、多種多様な方が利用するコンビニエンスストアであるため、無機質なアルミの防音壁ではなく、見た目にも優しく環境に配慮した間伐材を使った防音壁設置に向け、当協会員でもある岐阜県森林組合連合会とともにデザイン性と機能性に富んだ製品を開発すべく、協議、連携しながら進めてきた。

実際の製造にあたっては、岐阜県森林組合連合会が間伐材を、当協会員でもある篠田㈱が防音技術並びに部材をそれぞれ提供、加工は同じく当協会員である郡上市明宝地域振興事務所明宝土木センターが行う形で取り組んだ。今後は、他店舗への普及を目指し、街の方に間伐材を身近にふれあう企画を多方面で構築していく予定。

実施内容

区分 実施項目 実施結果
製品の製作・実証

① パネル形状についての検討会実施

② ルーバー式の試験用パネルを製作し、性能試験を実施

③ 設置場所を「サークルK岐阜中店」に決定

④ モニタリング用パネル製作

① デザイン性に富んだルーバー式に決定

② 形状、性能的にも満足できる結果を得る

③ 設置場所に合わせて設計

④ 木の風合いが残るよう、透明の防腐剤を活用

試験導入
モニタリング

① パネル設置前の騒音データ測定

② パネル設置後の騒音データ測定

※場所:サークルK駐車場(自動車アイドリング音)

※測定位置:防音壁(H=2.0m)前方、後方とも防音壁から1.0m離れ(H=1.2m)

※測定者:中外テクノス(株)

① 防音壁前方(表側)の騒音69.3db

② 防音壁後方(裏側)の騒音47.2db 防音効果=18.5db

試作品制作・実証状況

パネル製作の様子 基礎・支柱建て込みの様子 パネル設置の様子 設置完了の様子
パネル製作の様子 基礎・支柱建て込みの様子 パネル設置の様子 設置完了の様子

課題と今後の対応策並びに量的拡大に向けた計画

課題 対応策

現状のパネルは厚く、民間利用の吸音目隠し壁として改良の余地あり

ロックウールに替わる同等以上の性能を持ち合わせた吸音材の検討、選定が必要となる

パネル1枚あたりの重量が重く(約5 0 ㎏)、施工性を高めるための軽量化が必要 防音性能を維持しながらも、全体の厚みを減らし軽量化を図る
パネルの耐久性(腐食等) 今後長期に渡り検証していく
普及・啓発

・間伐材利用の優位性を訴求していく

・更なる性能の向上に加え、低価格化、量産体制の仕組みづくりを進めていく

・民間での利用を広げていくためのデータ検証も含めた製品の特徴付けと、資料(パンフレット等)の作成を進めていく

・同時に、国土交通省や各自治体での利用推進を図っていく

その他の概要

間伐材の計画利用量
本年度 30m3 今後5年間 150m3
間伐材の調達先 岐阜県森林組合岐阜共販所
本事業の実施期間 平成18年8月~平成19年2月
試作品の製作・実証 実施者 間伐材防音壁普及協会・財団法人日本建築総合試験所
試験導入・モニタリング 方法 騒音調査
実施場所 岐阜県岐阜市中二丁目
実施者 中外テクノス株式会社 対象者 サークルK岐阜中店
製品の設定価格
34,000円/枚 販売目標 5年後売上:金額15,000万円/年

ページの1番上にもどる